オシャレなカフェ・レストラン専門求人サイト

カフェバイトの時給は時間や曜日で変わる?効率の良い働き方とは

カフェバイトの時給は時間や曜日で変わる?効率の良い働き方とは
 
カフェバイトは学生やフリーター、主婦にいたるまで幅広い層が活躍できる人気の職種ですが、働く時間や曜日によって時給は変わるのでしょうか?せっかくバイトをするならできるだけ効率よく収入を得たいもの。
どの曜日や時間帯が高時給となるのか、効率的な働き方のポイントをご紹介します。

 
 

 
 

1、早朝や深夜は時給が高い?

 
労働基準法により22時〜5時の時間帯は、深夜手当として賃金が25%割増になります。夜カフェやお酒を提供する店だと、深夜に営業していることも多いため、効率よく働くことができるでしょう。
早朝に関しては特に割増賃金が発生する義務はありませんが、モーニングサービスを行なっていたり早朝に混雑するような店の場合は、通常時よりも時給が上がることもあります。
もし確実に高時給を狙うのであれば、深夜手当が発生する時間帯が狙い目です。

 
 

2、土日祝や繁忙期の時給は?

 
カフェバイトの時給は時間や曜日で変わる?効率の良い働き方とは
 

土日祝、繁忙期は時給アップが期待できる

カフェでは時間帯や曜日によって非常に混雑する場合もあり、仕事も忙しくなることが予想されます。それを想定し、土日祝や繁忙期には時給が割増される店も多いでしょう。だいたい通常時の時給より50〜100円ほどアップするので、たくさん稼ぎたい人は土日などの忙しい曜日を選ぶと良いでしょう。

 

「1日8時間、週に40時間」を超える場合は残業代が支払われる

勤務時間を過ぎても仕事をしなくてはいけない状況になった時は、アルバイトであっても残業代は支払われます。さらに法定労働とされる「1日8時間、週に40時間」を超える場合は、25%の割増賃金として残業代を受け取ることができます。
サービス残業をしないためにも、自分の働いた時間と給料は合っているかをしっかり確認しておくことも大切です。

 
 

3、効率的な働き方

 
カフェバイトの時給は時間や曜日で変わる?効率の良い働き方とは
 

スキマ時間を有効に使う

効率よく稼ぎたい人はスキマ時間を有効に使うようにしましょう学生なら学校が終わる夕方の時間〜夜、学校が休みになる土日祝にカフェバイトをすると、学業と両立しながら働くことができるでしょう。時間の融通がきくフリーターなら、深夜帯にシフトに入れば効率よく稼ぐこともできます。かけもちをする場合は、空いた時間を有効に使うことでさらなる収入アップも見込めるでしょう。

 

深夜帯は稼ぎ時

高時給のカフェバイトを探すなら、やはり深夜帯がおすすめ。深夜は割増賃金が発生するため、がっつり稼ぎたい人にはぴったりです。ピークタイムに比べてそこまで忙しくもないので、自分のペースで仕事もしやすいでしょう。
ただ深夜に働くのは不規則になりやすかったり昼夜逆転の生活になるので、健康面には注意しなくてはいけません。

 

高時給を狙う

季節によって売上の変動が起きるカフェの場合、繁忙期となるシーズンは時給が上がることがあります。ジェラートやかき氷を提供するカフェや、ビアガーデンを営業するカフェなら夏場が稼ぎ時です。またお花見シーズンや忘年会シーズンなど、季節の行事によって混雑が予想される時も、高時給になりやすい傾向にあります。
短期間で収入を得たい人は、高時給になるタイミングで求人をチェックしてみると良いでしょう。

 
 

4、まとめ

 
カフェバイトの時給は時間や曜日で変わる?効率の良い働き方とは
 
カフェバイトは忙しい曜日や時期には時給が良くなるところもあります。また深夜手当が支払われる時間帯に働けば、効率よく稼ぐことも可能です。
まずは自分の稼ぎたい金額を明確にし、ライフスタイルに合わせた働き方ができる環境を見つけることが肝心です。