オシャレなカフェ・レストラン専門求人サイト

カフェバイトは難しい?そのわけと身につく力について

カフェバイトは難しい?そのわけと身につく力について
 
カフェバイトは楽しそうなイメージがありますが、働く上で必要なスキルはあるのでしょうか?ホールかキッチンかによって、求められることにも違いがありそうですよね。またカフェバイトをするとどのような力が身につくのかも気になるところ。
カフェバイトを探す人に向けた、仕事の大変さやメリット・デメリットを解説します。

 
 

 
 

1、カフェバイトは難しい?

 
カフェバイトは学生やフリーター、主婦からも人気があり、経験がなくても働けることが魅力のお仕事です。そんなカフェバイトは誰でもできそうに思えますが、接客業であるため難しそうなイメージもありますよね。
たしかにカフェバイトは大変なこともあります。メニューの種類や値段を覚えたり、忙しい時間帯は休憩する暇もないくらい動きっぱなしになることも。またお客様から文句を言われたりクレームを受けることだってあります。慣れないうちはカフェバイトの難しさを痛感することも多いでしょう。
一方で、カフェバイトはやりがいを感じることのできる仕事でもあります。お客様に「ありがとう」と感謝の言葉をもらえたり、忙しい業務を終えた後の達成感は頑張ったからこそ得られる感覚です。カフェバイトは特別なスキルが必要な仕事というわけではないので、向上心を持って働くことが大切です。

 
 

2、ホールの難しいこと

 
カカフェバイトは難しい?そのわけと身につく力について
 

メニューを覚える

ホールで働く人はまず最初にメニューを覚える必要があります。メニューの数が多いカフェだと、覚えることに苦労する場合もあるでしょう。ただお客様の注文をとるためにはメニューを覚えることが第一なので、できるだけ早く覚えるようにしましょう。
覚えるコツとしては、店のメニュー表を持ち帰らせてもらったりメモをすることが肝心です。もしくはスマホで写真を撮って自宅や通勤時に覚える方法も良いでしょう。また人気メニューから覚える方法もオススメです。
もしすべて完璧に覚えられなくても、あとは実際に接客をしながら覚えていけばOK。声に出してみたりクイズ形式で覚えるなど、楽しみながら覚えていくようにしましょう。

 

ハプニングやトラブルの対処

ホールはお客様と直接関わる立場なので、ハプニングやトラブルが発生しやすいもの。食器を落としてしまったりオーダーミスをしてしまうのは、新人の時はよくあることですが落ち込む原因になるかもしれません。
またお客様から「料理がくるのが遅い」「髪の毛が入っていた」などのクレームを受けてしまう場合もあります。そのようなトラブルを対処しなくてはいけないのが、ホールの大変な部分といえます。
ハプニングやトラブルが発生した際には、お客様にお詫びをして誠意のある対応をすることが望ましいでしょう。

 

料理やドリンクを運ぶ

ホールの仕事に慣れるまでは、料理をお客様の元に運ぶことが難しいと感じる人が多いでしょう。トレイに料理を乗せて運ぶのは非常に不安定で緊張するもの。また高さのあるグラスやパフェのようなデザートはバランスが取りにくく、コツを掴まないと難しいでしょう。
これも経験を積むことが大切ですが、早く慣れるためには練習をすることが一番。店の食器を借りて運ぶ練習をしたり、家で配膳のイメージトレーニングをすると良いでしょう。

 
 

3、キッチンの難しいこと

 
カカフェバイトは難しい?そのわけと身につく力について
 

レシピを覚える

ホールもキッチンも店のメニューを覚えることは同じですが、キッチンはさらにレシピを覚えることが求められます。材料や調味料などの分量や作る手順、盛り付けのやり方や使用する食器まで、ひと通り覚えなくてはいけないため、全くの初心者だと難しいと感じるかもしれません。
キッチン未経験の場合は、仕込みや先輩スタッフの補助からスタートすることが多いので、一つ一つの工程や手順をじっくり覚えていくようにしましょう。

 

営業時間が長いカフェ

自分の予定に合わせて働くなら、営業時間が長いカフェがオススメです。朝から夜まで営業しているカフェなら、自分の希望する時間帯に勤務ができます。18歳以上であれば22時以降も働くことができるので、効率よく働けそうなカフェを探してみると良いでしょう。

 

オーダーをこなす

カフェのランチタイムはとにかく忙しく、次々とオーダーが入ってきます。受けたオーダーを間違えずに提供することは、キッチンスタッフにはプレッシャーがかかる部分でもあります。
ただ多くのカフェではランチメニューがあり、決まったメニューを提供することで効率化を図っています。ワンプレートにしたり事前に仕込んでおいた料理を盛り付けるだけにしたりと、スピーディーに準備ができる工夫をしていることが多いでしょう。

 
 

4、身につく力やカフェバイトのメリット・デメリット

 

メリット

コミュニケーション能力

カフェバイトをするとコミュニケーション能力が身につきます。カフェには常連さんから初めて来るお客様まで、たくさんの人が来店されます。老若男女問わず、様々な人と関わる機会が多いカフェバイトでは、自然とコミュニケーション能力が磨かれていくでしょう。

 

臨機応変な対応

接客業ならどの業界でも起こり得ることですが、お客様からのクレームを受けたり時には理不尽な要望をされることもあるでしょう。また混雑時の対応やその場のとっさの判断力も求められる仕事といえるため、臨機応変な対応ができるようになります。
カフェバイトでたくさんの人に出会い経験を積むことで、柔軟な対応力が身につくでしょう。

 

料理の知識

カフェといったらおいしい料理が魅力ですよね。そのためカフェバイトをすると料理の知識を学べたり、盛り付けのセンスも身につけることができるでしょう。またスイーツの作り方やコーヒーの知識など、幅広く学ぶことができます。

 

社会人としてのマナー

カフェバイトは社会人としてのマナーを学ぶには最適な環境といえます。接客業のため言葉遣いや一般的な常識を学ぶことができたり、仕事に対する責任感ややりがいを感じることもできます。
就職する際にもカフェバイトの経験はアピールすることができるため、大学生のアルバイトとしてもオススメです。

 
 

デメリット

立ち仕事

カフェバイトの辛い点は、立ち仕事のため体力が必要です。忙しい時間帯は座ることもできないため、常に立ちっぱなしの状態になります。そうすると足がむくんだり腰が痛くなったりと、体がヘトヘトになることも多いでしょう。

 

服装や髪型の制限

カフェは飲食店のため、清潔感が重要視されます。髪は結ぶように決められていたり服装の規定がある店も多いでしょう。またネイルやアクセサリーは禁止されている場合もあるので、オシャレを楽しみたい人には不向きかもしれません。
ですが今は清潔感があれば服装や髪型が自由のところもあるので、カフェの雰囲気やコンセプトを事前に調べておくと良いでしょう。

 

ピークタイムの忙しさ

カフェのピークタイムは12時〜13時、19時〜20時くらいがもっとも混み合います。この時間帯はお客様の対応に追われるため、それ以外の業務はできないことがほとんど。忙しさのあまりミスをしたり疲れが顔に出てしまうこともあるでしょう。この時間帯は気合いで乗り切るしかないようです。

 
 

5、まとめ

 
カカフェバイトは難しい?そのわけと身につく力について
カフェバイトは難しい仕事だと思う人もいるかもしれませんが、コツをつかむことと慣れることがポイント。また失敗をしたら反省をして、前向きに気持ちを切り替えることも大切です。カフェバイトだからこそ身につく力があるので、興味のある人はぜひ挑戦してみてくださいね。