オシャレなカフェ・レストラン専門求人サイト

オシャレカフェのお仕事が決まったら!押さえておきたい接客用語まとめ

オシャレカフェのお仕事が決まったら!押さえておきたい接客用語まとめ
 

オシャレカフェの基本の業務は接客です。お客様にオーダーを聞く時や、ドリンク・お料理を提供する時に丁寧におもてなしをすることが求められます。そんな接客の時には正しい敬語を使う必要があります。そこで接客の際によく使われる用語や、敬語としてはふさわしくない例を覚えておきましょう。


 

 

1、オシャレカフェでは押さえておきたい!接客の基本7大用語


①いらっしゃいませ
お客様が来店されたらまず使う言葉。大きな声で元気よく言うようにしましょう。
 
②ありがとうございます
お客様をお見送りする時や感謝の気持ちを伝える時に欠かせない言葉。「ありがとうございました」と心を込めて言うようにしましょう。
 
③申し訳ございません
店側のミスや、お客様に不快な気持ちにさせてしまった時に使う言葉。「すみません」よりも「申し訳ございません」の方が誠意が伝わります。
 
④少々お待ちください
お客様の場を離れる際に使う言葉。メニュー内容を聞かれてキッチンスタッフに確認に行く時や、店内が混雑していてすぐにご案内ができない時などに使われます。
 
⑤お待たせいたしました
「少々お待ちください」と言ってお客様の場を離れて戻ってきた時には、必ず「お待たせいたしました」と言うようにしましょう。料理を提供する時にも使います。また、行列で長時間お待たせしてしまった場合には「大変お待たせいたしました」にした方が丁寧さが伝わるでしょう。
 
⑥かしこまりました
お客様から何か依頼をされた時、「かしこまりました」と述べるようにしましょう。「了解です」「わかりました」はカジュアルすぎるので接客敬語にふさわしくありません。より丁寧さを求めるなら「承知致しました」「承りました(うけたまわりました)」にしましょう。
 
⑦恐れ入ります
クッション言葉として使う時と、感謝の気持ちを伝える時の2パターンがあります。クッション言葉として使う時は「恐れ入りますが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか」のように使います。感謝の気持ちを伝える時は、”恐縮です”と言う意味で使うようにしましょう。

 
 

2、使用頻度高め◎シーン別オシャレカフェの接客敬語例題一覧


使用頻度高め◎シーン別オシャレカフェの接客敬語例題一覧
 

ご来店された時


「いらっしゃいませ。何名様でしょうか?」
「いらっしゃいませ。恐れ入りますがただ今満席のため、こちらでお待ち頂けますでしょうか?」

「いらっしゃいませ」と笑顔でお出迎えをしたら、お客様の人数を伺います。もし席が空いていなかったら、お待ち頂く旨を伝えましょう。

 

オーダーを取るとき


「こちらがメニューでございます」
「ご注文はお決まりでしょうか?」
「ご注文は◯◯でよろしいでしょうか?」

オーダーを取る時にも丁寧なご案内と言葉遣いを意識しましょう。何を注文するか迷ってていた場合は一旦その場を離れ、しばらくしてから伺うようにします。オーダーに間違いがないか復唱して確認をしてもらうことも忘れずに。

 

料理を運ぶ時


「お待たせいたしました。◯◯でございます」
「ご注文は以上でよろしいでしょうか?」

料理を提供するまでに時間があるので「お待たせいたしました」を述べてから料理をお出しします。ちなみに「ご注文はお揃いですか?」は料理に対しての尊敬語を使っていることになるのでNG。

 

お会計、お見送り


「お会計は◯◯円でございます」
「ありがとうございました。またのご来店をお待ちしております」

お会計からお見送りは感謝の気持ちを込めて接客するようにしましょう。お会計の時に使いがちな「◯◯円になります」の”なります”という表現は間違い。正しい敬語を使いスムーズな対応を心掛けましょう。

 

その他


「お手洗いはこちらでございます」
「お忘れ物はございませんか?」
「ホットかアイス、どちらになさいますか?」
「失礼します。空いたお皿をおさげいたします」

その他にオシャレカフェで使われる頻度の高い用語です。接客で大切なことは、ホスピタリティ精神を持つことと、店員がいち早くお客様の要望に気付いてお声がけをすることや行動することが重要です。

 
 

3、実は間違い?NGな敬語例


実は間違い?NGな敬語例
 

〜の方

「メニューの方、おさげいたします」や「ドリンクの方をお持ちしました」など、「〜の方」という言葉遣いは不適切。バイト敬語としてよく使われていますが、敬語として間違っています。

 

よろしかったでしょうか?

正しくは「よろしいでしょうか?」過去形の表現になってしまうのでふさわしくありません。

 

〜の形

「こちらでお待ち頂く形になります」とよく使いがちですが、NG表現です。お客様に待っていただく場合は「こちらでお待ちくださいませ」や「少々お待ちいただきますが、よろしいでしょうか?」などの言い回しがベターです。

 

ちょうだいする

名前を記入してもらう時の「お名前をちょうだいします」の、”ちょうだいする”は間違い。名前はちょうだいするものではありません。「お名前をご記入ください」や「お名前を伺ってもよろしいでしょうか?」と述べましょう。

 

◯◯円、ちょうどお預かりします / ◯◯円からお預かりします

「ちょうどお預かり」とは言いません。ぴったりの金額を支払われた時は「ちょうどいただきます」と伝えるようにしましょう。
 
おつりが出る金額の場合は「◯◯円お預かりします」と言って受け取りましょう。「◯◯円からお預かりします」の「から」はよく使われがちですが、実は間違いです。

 
 

4、まとめ


まとめ
 
オシャレカフェで働くからには、正しい日本語や言葉遣いをしなくてはいけません。敬語のようで実は間違った使われ方をしている言葉は、実は多く存在しています。お客様に快適に過ごしてもらうためにも、接客用語はしっかりとマスターしておきましょう。
 

▼オシャレカフェで初めて働く人も大丈夫!
未経験の方歓迎のお仕事一覧
 

▼敬語やマナーなどしっかり身につけたい方はこちら
研修しっかりのお仕事一覧