オシャレなカフェ・レストラン専門求人サイト

オシャレカフェのバイトに”落ちる人”の特徴と”受かる”ための対策

オシャレカフェのバイトに”落ちる人”の特徴と”受かる”ための対策
 
オシャレカフェの面接を受けて”落ちる人”と”受かる人”の違いは一体何だと思いますか?もし仮に年齢も学歴も同じ人が受けたとしても、その二人に大きな差があれば片方の人は不採用となってしまいます。そこで落ちる人の特徴から原因を突き止め、今後の面接の対策を練るようにしましょう。

 

1、オシャレカフェの採用に”落ちる人”の特徴

 

履歴書編

・記入漏れが目立つ

面接の時には必ず準備しなくてはいけない履歴書。この履歴書を記入する所から面接は始まっていると考えた方が良いでしょう。
履歴書には氏名や住所や連絡先、学歴や職歴、志望動機や自己PRなどを記入する欄がありますが、これらの項目は記入漏れがないようにする必要があります。あまりに空白の欄が多いと、そもそも働く気があるのかどうかを疑われることになりかねません。
特に志望動機や自己PRは面接者のことを知る情報源ともなるので、必ず記入をするようにしましょう。
 
・顔写真の貼り忘れ

履歴書の顔写真も貼り忘れがないように気を付けなくてはいけません。記入漏れと同様、顔写真がないのは非常識な人というイメージを持たれてしまいます。
また写真を撮影したのが何年も前だったり、表情が怖いとこれも印象が悪くなります。オシャレカフェは接客業なので、できるだけ好印象を与える写真を用意するようにしましょう。
 

・字が汚い

履歴書の字が汚すぎて解読不能なレベルだと、マイナスポイント。字が汚いことだけで不採用が決まることはないとしても、字には人柄が現れます。
あまりに雑でなぐり書きのような字では、やる気のなさが露呈していることに。誤字・脱字も印象が悪くなるので、できるだけ丁寧に美しい字で記入をするように心掛けましょう。
 

面接編

閑散期は普段より休みは取りやすくなりましたか?"
・遅刻をする
面接の開始時刻に遅れてしまうと評価は下がってしまうでしょう。平気で遅刻をしたり、遅刻をしそうなことがあらかじめわかっていたのに連絡もしないというのは、人として常識がないと判断されてしまうことに。
開始時刻の5分前に到着することが理想ですが、万が一遅刻をしそうになったら早めに担当者にその旨を伝えるようにしましょう。
 

・見た目がだらしない

オシャレカフェの面接では見た目もチェックされています。見た目は、顔立ちが整っているかをジャッジしているわけではなく、清潔感が感じられるかを見ているのです。
常識外れの服装や髪型、ヨレヨレでだらしないスタイルは不快感を与えてしまいます。そのため面接の場にふさわしい格好をするように意識しなくてはいけません。
 

・マナーがなっていない

基本的な挨拶ができない、目を見て話せない、言葉遣いが良くないというのは、落ちる人の典型的な悪い例。礼儀正しさや一般的なマナーは接客業においてはとても重要視されることです。
「失礼します」「ありがとうございました」「よろしくお願いします」の言葉は面接官の方を見てはっきり伝えるようにしましょう。
 

その他

1、オシャレカフェの採用に”落ちる人”の特徴
 

・会話のキャッチボールができない
面接官からの質問に対し的確な答えを述べる。とても簡単なことのように思えますが、相手の話を聞いて理解し、自分の考えを正しく簡潔に答えられるかどうかは、仕事をする上でとても大切なこと。
この会話のキャッチボールがスムーズに行えないと不採用の可能性が高くなります。緊張して焦ったり思うように話せなくなることがあるかもしれませんが、気持ちを落ち着かせて面接官の質問や話す内容にじっくり耳を傾けるようにしましょう。
 
・不衛生な印象
髪がボサボサだったり爪が長い、服がシワだらけなどは不衛生な印象を与えてしまいます。オシャレカフェは他の職種に比べて自由なスタイルで働けることが特徴ですが、最低限の身だしなみや清潔感は意識しなくてはいけません。また香水を付けることも控えておきましょう。
 

・オシャレに興味がない

オシャレカフェで働く店員や来店されるお客様は、オシャレが好きな人が多いもの。それなのにオシャレをすることに全く興味がない、むしろ嫌いだというのであれば、そもそも向いていないと言えるでしょう。共感ができないと楽しさを生み出せず、仕事の意欲さえも起きないことを懸念され、採用を見送られる可能性が高いでしょう。
 

・条件が多すぎる

アルバイトは学生やフリーターの人が多く、自分の働きたい日数や時間を希望して勤務できることがメリットと言えます。ただその条件が多すぎると採用されにくくなることも。
求人募集で提示されている条件に合わない人や、シフトにあまり入ることができない人、忙しいランチタイムや土日祝に出勤ができない人は、条件に不一致という理由で不採用となりやすくなります。
 
 

2、オシャレカフェの採用に”受かる”ためには

オシャレカフェの採用に”受かる”ためには
 
・履歴書は丁寧に記入・扱う
履歴書は不備がないよう慎重に記入しましょう。まず下書きをしておかしな部分がないかチェックをしてから記入をすると失敗することがありません。写真の貼り忘れにも注意しましょう。また折れ曲がったり破れることを防ぐためにも、ファイルに入れて持ち歩くと◎
 
・早めの行動を心掛ける
面接の当日は、時間に遅れることのないよう早めの行動を心掛けましょう。筆記用具や持ち物の確認をすることも忘れずに。
 
・清潔感のある身だしなみ
身だしなみはオシャレカフェのアルバイトの場合、スーツでなくてはいけないことはありませんが、清潔感のある爽やかな服装が望ましいでしょう。第一印象が肝心なので、姿勢や動き方などにも気を配るようにしましょう。
 
・笑顔で明るい対応
あとは笑顔でハキハキ答えることを意識して働きたいという熱意が伝われば、きっと好感を持ってもらえて採用につながることでしょう。人と接するのが好きなことをアピールできると良いですね。
 
 

3、まとめ

オシャレカフェのバイトに”落ちる人”の特徴と”受かる”ための対策 まとめ
面接官は、シンプルに「良い人材を確保したい」という基準で判断をしています。そのためには募集条件に一致するということだけではなく、人柄や一般常識があるかもチェックされることとなるのです。
オシャレカフェはオシャレさやセンスの良さだけが先行しているように思えますが、飲食店で接客業であるということを忘れないでおきましょう。