オシャレなカフェ・レストラン専門求人サイト

チェーン店と個人経営、あなたはどちらが向いている?オシャレカフェのお仕事選びのヒント

チェーン店と個人経営、あなたはどちらが向いている?オシャレカフェのお仕事選びのヒント
オシャレカフェは大きく2つに分けると、「チェーン展開している店」と「個人で経営している店」が存在します。どちらもカフェの業務を行うことに変わりはありませんが、チェーン店と個人経営にはそれぞれ特徴やメリット・デメリットなどもあります。これからオシャレカフェでの仕事を希望している人はまずこの2つの違いを知り、より自分に適していると思う方で求人をチェックしてみると良いでしょう。
 

1、チェーン店のオシャレカフェで働く

 

特徴

統一されたコンセプトがある
まずチェーン店の特徴としては、店のコンセプトやテーマなどが明確にされていることが多いでしょう。チェーン店は全国展開されているため、それらのことを決めておくことでどのエリアに出店しても、誰が見ても、そのオシャレカフェだと認識することができます。それは認知度を高めたりリピーターを確保したりするために大切なことだと言えるでしょう。
統一されたコンセプトとは、具体的には店のテーマカラーや内装、メニューや調理工程、盛り付け、接客方法や制服などが挙げられます。
 
研修やマニュアルがある
チェーン店のオシャレカフェは充実した研修があります。どの店舗でも共通する研修やスタッフ教育は、質の良い接客やサービスを提供することにもつながるのです。
またあらゆるカテゴリにおいて決められたマニュアルは、業務の効率を上げるために欠かせないものとなるため、チェーン店には必ず存在するものだと思っておいた方が良いでしょう。
 

メリット

 
閑散期は普段より休みは取りやすくなりましたか?"
初めてのアルバイトに◎
アルバイトをしたことがない人にとっては、マニュアルや充実した研修があるのはありがたいこと。そのためバイトデビューをするならチェーン店の方が安心かもしれません。
接客の基本や言葉遣い、一般常識やマナーなどが学べるので社会勉強をするには最適な環境と言えます。
 
 
スタッフの数が多い
全国に展開するチェーン店のオシャレカフェなら求人数が多いので、その分雇っているスタッフの数も多いもの。そのためスタッフ同士仲良くなってプライベートでも交流できる仲間ができたり、和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく仕事ができます。
 
シフトの融通がきく
スタッフの人数が多いとシフトの調整をしてもらいやすくなるため、学生や主婦、Wワークを希望している人に働きやすい環境が整っています。週2日〜、1日4時間〜などの条件でも受け入れてもらいやすく、融通がきくことがメリットと言えるでしょう。
 
 
就活に役立つく
知名度の高いチェーン店のオシャレカフェで勤務経験があるということは、就活の時に好評価を得るでしょう。
充実の研修やマニュアルのもとで仕事をしたことは、社会人としてのマナーや常識があるとみなされます。それは自分のPRポイントと言えるので積極的にアピールしましょう。
 
 

デメリット

 
閑散期は普段より休みは取りやすくなりましたか?"
 
忙しいことが当たり前
ランチタイムや土日祝などの混雑しやすい時は、忙しくなることは覚悟しておいた方が良いでしょう。都心や人の多いエリアでは1日を通して忙しいことが当たり前ということも。
また新メニューが発売されるとそれに注文が集中したり、SNSやメディアで話題になるとさらに混雑を招くことも、チェーン店のオシャレカフェならではと言えます。
 
 
身だしなみの規定
チェーン店は身だしなみの規定を設けている所もあります。服装は制服、もしくは白シャツに黒のパンツ、髪は必ずまとめるなどの決まりや、もっと細かな規定があるカフェもあることでしょう。オシャレをしたい人や規則に縛られたくない人にとってそれらのことはデメリットと感じるかもしれません。
ただオシャレカフェの場合、割と自由なスタイルで働ける所が多いので、髪型や服装、アクセサリーやネイルを楽しみながら仕事をするのが可能なこともあります。
 
 

2、個人経営のオシャレカフェで働く

2、個人経営のオシャレカフェで働く
 

特徴

アットホームな雰囲気
一方、個人経営のオシャレカフェはアットホームな雰囲気が特徴です。個人経営は地域密着型が多く、常連さんや地元の人に愛されるカフェが多いでしょう。
知名度はあまりありませんが、カフェのオーナーとスタッフ全員で店を作り上げていけることが魅力の一つと言えます。
 
 
独自性やこだわりがある
個人経営はチェーン店よりも、オリジナリティやこだわりがあることも特徴。コーヒーにこだわりを持つカフェや地産地消にこだわっているカフェなど、チェーン店には見られない、地域に根付いたカフェだからこそできる独自性を持っていることが多いと言えます。
 
 

メリット

自分の意見が通りやすい
個人経営のオシャレカフェは個々の意見が尊重されやすい環境と言えるでしょう。チェーン店のように全国展開をしていたり大人数のスタッフの中で働くわけではないので、自分の希望や提案を通しやすいことが魅力的。
新しいメニューの考案や店の改善点などの意見は反映されやすいので、そのことがモチベーションとなりやりがいを感じられることになるでしょう。
 
 
コミュニケーションが図れる
お客様やスタッフ同士とコミュニケーションが図りやすいこともメリット。
常連さんと世間話や地域の情報交換をしたり、限られた人数のスタッフと連携して仕事に励むことができるので、非常に温かい雰囲気に包まれて働くことができるでしょう。
 
 
自分のペースや価値観を優先できる
アットホームさが特徴の個人経営のオシャレカフェは、チェーン店に設けられているマニュアルや研修といったものがなく、自分のペースを大切にしながら仕事をすることが可能です。プレッシャーや緊張感を感じてやりづらさを感じやすい人は、個人経営のオシャレカフェだと居心地良く働けるかもしれません。
また服装や髪型の規定なども特にないことが多く、清潔感のある身だしなみさえ意識すれば、自分の好みや価値観を優先させて働けるでしょう。
 
 

デメリット

2、個人経営のオシャレカフェで働く デメリット
仕事量が多い
個人経営とチェーン店の大きな違いはスタッフの人数の違い。どうしても個人経営のオシャレカフェの場合はスタッフの人数が少ないため、忙しい時間帯や混雑している時には一人一人の仕事量が多くなってしまうデメリットがあります。
通常のチェーン店ならホール、キッチン、バリスタとそれぞれの役割や持ち場があると思いますが、個人経営だとそのような分担がなくオールマイティにこなさなくてはいけないことも。
 
 
休みを取りにくい
個人の意見や希望を尊重してくれる個人経営のオシャレカフェですが、休みを取りにくいと感じやすいかもしれません。
自分が休んだら代わりがいないという状況が多く、そのためよほどの緊急性がない限り急な休みは取れないと考えておいた方が良いでしょう。とは言っても、あらかじめどれほど勤務できるかという点は考慮してシフトを組んでもらえるので、面接の時に相談をしておくと安心です。
 
 

3、まとめ

チェーン店と個人経営、あなたはどちらが向いている?オシャレカフェのお仕事選びのヒント
オシャレカフェは様々なコンセプトや特徴があることが人気の秘訣となっていますが、働く側として考える時はまずチェーン店か個人経営のどちらが自分に適しているかをチェックしておくと良いでしょう。
メリットやデメリットを挙げてみると、そこから理想の働き方が見えてくると思います。ぜひ仕事を探す上のヒントとして参考にしてみてください。