オシャレなカフェ・レストラン専門求人サイト

オシャレカフェって実際どんなことをするの?お仕事内容を紹介

その格好はOK?オシャレカフェの面接服チェックポイント

 

 

1、オシャレカフェのホールのお仕事内容

オーダーを取る

カフェの接客担当と言えるホールは、お客様からオーダーを取ることが基本のお仕事。来店されたお客様から注文を取り、時にはオススメを尋ねられることもあるので、メニュー内容についてはしっかり把握しておく必要があります。
 
また、オーダーを取る際にはお客様が注文された内容を復唱して、間違えてオーダーを通してしまわないように気を付けなければいけません。
 
さらにカフェの顔とも言えるホールは、常に笑顔でいることを意識して「おもてなしの精神」でいることが何よりも大切なことと言えるでしょう。
 

料理やドリンクを運ぶ・片付け

オーダーを受けた料理が完成したら、速やかにお客様の元へ運ぶのもホールのお仕事です。ただカフェの種類も2つあり、セルフサービス式カフェの場合はカウンターでお渡しとなりますが、フルサービス式カフェの場合はお客様のテーブルまで運ぶという、若干のスタイルの違いはあります。
 
カフェの形式は違えど、どちらも出来立ての状態をお客様にお出ししなくてはいけないので、スピーディーさが求められるでしょう。また、料理を食べ終えたらタイミングを見て食器を下げたり、お客様が帰られたら綺麗にテーブルを拭いてセッティングするのも一連の流れとして覚えておきましょう。
 

お会計・ご案内

お客様が来店されたら席へご案内をし、帰られる際にはお会計をするのもホールの役割です。先払いと後払いはカフェによって様々ですが、ミスのないよう入念に確認をしてお会計をするようにしましょう。
 
またカウンター席、もしくはテーブル席か、の希望を伺ったり、店内やお手洗いのご案内も丁寧に対応することが求められます。
 

調理補助やドリンク作りなども調理補助やドリンク作りなども

カフェによっては調理補助や簡単なドリンク作りを任せられることもあるようです。サンドイッチや焼き菓子などの軽食、ソフトドリンクなど比較的すぐに準備できるものはホールが行い、業務の円滑化を図ることもあります。
 
ホールだからといって接客だけを行えばいいと考えるのではなく、業務全体を把握しておくことがお客様へ的確なご案内をすることにもつながるので、視野を広げて仕事をすることが必要だと言えるでしょう。

 
 

2、オシャレカフェのキッチンのお仕事内容

その格好はOK?オシャレカフェの面接服チェックポイント 面接の服装で大事なこと

 

調理・盛り付け

”カフェごはん”や”カフェ料理”などと言われる、オシャレさと味のクオリティが求められるキッチンのお仕事。キッチンはその名の通り、調理や盛り付けを行うのがメイン。基本的にホールに出る機会は少なく、オーダーを受けたメニューを効率よく調理することが重要な役割と言えます。
 
カフェのコンセプトやジャンルによって作る料理はそれぞれ違います。イタリアンから和食まで、さまざまなジャンルのカフェが存在するので、自身が働くカフェに応じた料理のスキルや盛り付けのセンスを磨く必要があります。

 

食器洗い

ホールが下げた食器を洗うのはキッチンのお仕事。まれにホールがキッチンに入って補助をすることもありますが、調理から食器洗いまでの流れはキッチンの担当と言えるでしょう。
 
チェーン展開しているカフェなら大型の食洗機が導入されている場合が多いですが、小規模なカフェや個人経営のカフェ、また繊細な食器やグラスなどは手洗いをする必要があることもあります。

 

仕込み

カフェの開店前に料理の仕込みをすることもあります。料理の付け合わせや前菜、煮込み料理やデザートなどをあらかじめ調理しておくことで、すぐに料理が提供できるので店側もお客様側にとってもメリットとなるのです。
 
その分キッチンとホールでは勤務時間に多少のズレが生じるので、自分のライスタイルに適した働き方を選ぶようにしましょう。

 
 

3、オシャレカフェのバリスタのお仕事内容

その格好はOK?オシャレカフェの面接服チェックポイント 服装だけじゃない!メイク・髪型も見落とさないで

 

コーヒーのスペシャリストとしての業務

カフェに漂う香ばしいコーヒーの香り。そんなカフェには欠かせないコーヒーやエスプレッソなどを提供するバリスタのお仕事とはどんなことをするのでしょうか?
 
バリスタはコーヒーのスペシャリストとしての業務を任せられます。豆の知識、焙煎、抽出からエスプレッソマシーンの使い方やお手入れに至るまで、美味しいコーヒーを提供する立場として、専門的な知識が必須のスキルと言えるでしょう。
 
これらの知識はスクールに通ったり資格を取得することでも身に付きますが、カフェで働きながら学ぶことも可能です。バリスタ研修や先輩などに指導を受けながら、一人前のバリスタを目指すことができるでしょう。

 

ラテアート

オシャレカフェにはエスプレッソの上にデザインを施した、ラテアートを提供している所も多いですよね。ハートや動物、文字やなかには3Dのラテアートなども存在します。見た目のクオリティにも力を入れているカフェだからこそこのようなラテアートを楽しむことができますが、この技術を習得するには経験や練習が必要です。
 
ラテアートを上手に作ることができるようになると、バリスタとしての自信や強みとなるので、一般的なカフェの業務に加え、さらに何か技術を身に付けたいと思っている人には目指す価値のある職種と言えるでしょう。

 
 

4、オシャレカフェのその他のお仕事内容

その格好はOK?オシャレカフェの面接服チェックポイント こんな人はお断り!カフェ面接のNGスタイル

 

清掃

ホールやキッチンの主なお仕事内容をご紹介しましたが、カフェにはその他にもたくさんの業務があります。その一つが店内の清掃。まれに清掃スタッフを別で雇う場合もありますが、だいたいはホールとキッチンのスタッフがそれぞれの持ち場を清掃します。
 
オシャレなカフェはインテリアや内装にこだわっていますが、基本はまず飲食店としての衛生面の管理をすることが大前提。そのため開店前や閉店後には必ず店内の清掃をすることが求められます。

 

販売

カフェによっては、コーヒー豆やマグカップなどの販売を行なっている所もあります。リピーターの方や自宅でも気軽にカフェ気分を味わいたい方などに需要があり、これらのグッズを販売したりオススメすることもあるようです。

 

チョークアート

チョークアートとは、カフェによく置かれている黒板にメニューやイラストなどをオシャレに描くことを指します。デザイン性の高さが必要なので、いかに目を引くような描き方ができるかがポイント。カフェのオシャレさをアピールすることにもつながるチョークアートは、まさにアートのような芸術的なデザインもあるので、練習を重ねたり教室に通って技術を身に付けることが望ましいでしょう。
 

メニュー開発

個人経営のカフェの場合、メニュー開発もお仕事の一つです。カフェ独自のオリジナリティを出したりメニュー数を増やすことが、新規のお客様を獲得するきっかけともなるので、非常に重要なことと言えます。
日頃からアイディアを出したり情報収集をして、メニュー開発に貢献できるような準備をしておくと良いでしょう。

 
 

5、まとめ

その格好はOK?オシャレカフェの面接服チェックポイント まとめ

 
オシャレカフェのお仕事内容は、普通のカフェと基本的にやるべきことは同じです。ただ店内のディスプレイや盛り付けなどはセンスの良さを感じられなくてはいけなかったり、ラテアートなどにも力を入れているカフェが多いようです。
 
オシャレをすることも、カフェでお茶をすることも好きな人にとっては最高の環境で働けると言えるのではないでしょうか?