オシャレなカフェ・レストラン専門求人サイト

カフェバイトは体育会系が向いてる?きつい?

カフェバイトは体育会系が向いてる?きつい?
華やかなイメージのあるカフェのバイトですが、立ち仕事に加え忙しいといった面もあるため、なかなか体力の必要な仕事です。また店長、バイトリーダー、先輩スタッフなどの上下関係があったり、チームプレーを図るために大きな声を出したりカフェによっては決め事などがある場合もあります。
そんな体育会系な一面もあるカフェバイトにはどんな人が向いているのでしょうか?実際の雰囲気もあわせてご紹介します。

 
 

 
 

1、カフェバイトはきつい?

体力や忍耐力は必要

オシャレな店内で料理やドリンクを提供するカフェのバイトは、若い人を中心に人気の職種です。また同世代のスタッフも多く活気ある雰囲気も特徴的です。
そんなカフェバイトは華やかさや楽しさだけが注目されますが、話題のカフェや人気店、ランチタイムなどの忙しい時間帯はとにかく業務に追われます。
そのためカフェバイトには体力が必要です。料理を運んだりお客様の対応などは全て立ちっぱなしの状態で行わなくてはいけないため、足がむくんだり腰が痛くなることもあるでしょう。
そんな時でも疲れを表情や態度に出さず、笑顔で接客をしなくてはいけないので正直キツイと感じる場面もあるようです。時にはクレームを言うお客様もいるので、ある程度の忍耐力は求められるでしょう。

 
 

2、実際のカフェバイトの雰囲気

カフェバイトは体育会系が向いてる?きつい?
 

良好な関係性で楽しい雰囲気

そんな大変さがあるカフェバイトですが、実際はみんなが疲れきっていたりギスギスした空気が漂っているわけではなく、休憩時間には仲良く話したり仕事中も協力し合いながら楽しく働いている人が多いでしょう。
同世代のスタッフが多いことから、プライベートでも親交がある関係性の人たちもいて、和気あいあいとした雰囲気であるカフェがほとんどなようです。体育会系のように上下関係が厳しかったり先輩スタッフが優先というよりも、同じカフェで働く仲間として対等な関係性を築いています。
ただあいさつや敬語を使うことは社会人としてのマナーなので、その辺りはわきまえて行動するようにしましょう。

 
 

3、どんな人が向いてる?

カフェバイトは体育会系が向いてる?きつい?
 
カフェの仕事の基本はホールとキッチンに分けられますが、ホールの場合は接客業務が中心となります。お客様への対応がメインなので、人と話すことが好きな人は向いていると言えるでしょう。
初対面でも気さくに話すことができたり、友達の話をきちんと聞ける聞き上手なタイプは接客業にぴったりの性格。カフェでの勤務経験がなくても、持ち前の性格を活かして働くことができるでしょう。

 

切り替え上手な人

カフェの仕事は丁寧な接客や臨機応変な対応が求められます。「ありがとう」「また来るね」と言われればカフェ店員としてとてもテンションが上がる瞬間と言えるでしょう。ですがその反対に時には厳しい意見をいただくこともあります。そのような時は落ち込んでしまうことでしょう。
そんな一喜一憂しやすい仕事柄、切り替え上手であることは働く上で大切なポイント。ミスをしてしまって怒られても「しょうがない、次は頑張ろう!」と気持ちを切り替えられることができる人は向いているでしょう。

 

体力に自信がある人

忙しいカフェで働くならそれなりに体力に自信がある人が良いでしょう。慌ただしい時間帯でもテキパキ動いたり、勤務時間中は立ちっぱなしの状態が続くため体力がないと苦労してしまいます。
でも仕事を覚えて楽しく働けるようになってきた頃には体も慣れてきているので、疲れを感じにくくなっているはずです。

 
 

4、まとめ

カフェバイトは体育会系が向いてる?きつい?
 
カフェバイトは体力が必要な仕事ではありますが、体育会系のような厳しい決まりごとや緊張感の漂う雰囲気のカフェはほとんどありません。チームワークを大切にしているので、困っているスタッフがいたら助け合ったり仕事以外の時間も楽しく過ごしている人が多いでしょう。
そんな風に雰囲気の良いカフェで働くためにも、応募の際には事前に店の様子などをチェックしておくことが大切です。