オシャレなカフェ・レストラン専門求人サイト

オシャレカフェの接客の基本!お客様にまた来たいと思ってもらう接客をするには

オシャレカフェの接客の基本!お客様にまた来たいと思ってもらう接客をするには
センスの良いインテリアにSNS映えしそうなフードやドリンク。オシャレな店員さんが迎えてくれるカフェは、近年増加していて高い需要があることがうなずけます。そんなオシャレカフェで働いてみたいと思っている方もきっと多いことでしょう。
”服装自由”や”ネイル・髪型自由”というように、オシャレを楽しみながら働けることが魅力的なオシャレカフェは、見た目重視だと思われがちですがカフェである以上、接客スキルも求められます。そこでオシャレカフェで働くための基本や接客のコツをご紹介します。
 

1、そもそもオシャレカフェに接客ってなぜ大事なの?

「カフェ=ゆったりとした時間を過ごす場所」という認識をしている人がほとんどだと思います。疲れた時にちょっと一息つきたい時や友達とおしゃべりを楽しみたい時など、日常のあらゆるシーンでカフェの存在は非常に大きな役割を持つと言えます。
そんなカフェの中でもオシャレなことが特徴のオシャレカフェは、センスの良い店内やかわいい盛り付けだけを意識すれば良いと思われがちですが、それではお客様の満足度を満たすことはできません。いくらオシャレな空間にいたとしても、店員の接客がイマイチであれば居心地が悪く快適な時間を過ごすことができません。
そのためオシャレカフェであっても接客は重要視しなくてはいけないと言えます。居心地の良さを提供することが目的なので、必然的に質の良い接客やサービスを心掛けなくてはいけません。
 

リピーターになってもらうため

店員の対応が良くなければ「また来たい」という気持ちにはなりません。むしろお客様が不満を抱えていたらクレームの原因となることもあるでしょう。その悪い評判が口コミとして広まれば、たちまち店のイメージは悪くなり集客にも影響が出てしまうことに。
そうならないためには、いかにリピーターになってもらえるかを意識した接客を意識する必要があります。どの接客業やサービス業においても、顧客獲得・維持は第一に大切にしなくてはいけないこと。たった一度のミスや不適切な対応のせいで、お客様が二度と訪れないという事態にならないためにも、オシャレカフェの接客は大事にするべき部分なのです。

 
 

2、オシャレカフェの接客の基本

オシャレカフェの接客の基本!お客様にまた来たいと思ってもらう接客をするには
 

笑顔でおもてなし

「そんなに高い接客スキルを求められても自信がない…」と思ってしまった方もいるかもしれませんが、一流のサービスやかしこまった言葉遣いや接客をしなくてはいけないという意味ではありません。
あくまでもオシャレカフェは気軽に通える場所として利用されているので、笑顔でおもてなしをする気持ちさえあればOK。むしろ気さくで明るい雰囲気の店員の方が、お客様にとっては安心感を得られます。
笑顔は接客の基本中の基本。もし自分が客の立場だとして、ぶすっとした表情や愛想がないような店員には、不快な気持ちになりますよね?そのため接客する時は常に笑顔でいることを心掛けましょう。
元気よく「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」が言えることはオシャレカフェ店員として理想的な姿です。
 

丁寧な対応

料理を運ぶ時・食べ終えた食器を下げる時、レジでのお会計の時、お手洗いをご案内する時などのあらゆる場面で、その人の人柄が表れます。忙しくてイライラしていたり普段からガサツな行動が多いとつい接客でも出てしまうことがあるので、どんな時でも丁寧な対応を心掛けましょう。
お客様はそのような部分もチェックしているので、気を抜かずに気持ちの良い接客をするように意識することが求められます。

 

臨機応変さ

混雑時は店員側もお客様側も、ピリピリしたムードになりがちです。忙しさから放ってしまったちょっとした一言や対応で、お客様を不快な気持ちにさせてしまうこともあり得るので注意しなくてはいけません。
忙しい時こそ臨機応変さが必要です。待ち時間を退屈そうにしている方にはメニューを手渡したり具体的に待ち時間を伝えたり、ぐずっている子どもがいる場合はできるだけスピーディーに料理を提供したりと、その場面に応じて適した対応をするようにしましょう。
 

身だしなみや言葉遣い

オシャレカフェは見た目の制限がなく、比較的自由なスタイルで働けることが魅力の一つです。アクセサリーやネイルをしても問題ないとされているオシャレカフェが多いので、自分らしく仕事ができるのはうれしい点ですよね。
ですが飲食店である以上、清潔感のある身だしなみを心掛けなくてはいけません。ボサボサの髪や剥がれたネイルでは、良い印象が持てず不衛生なイメージを与えてしまいます。そのため、オシャレを楽しみながらでも衛生面には気を配った見た目を意識しましょう。
またフランクな雰囲気をウリにしているオシャレカフェもありますが、そうすると言葉遣いが乱れがちに。常連客だとしても、店員とお客様という立場を忘れずに敬語で話すようにしましょう。
 
 

3、また来たいと思われる接客のコツ

オシャレカフェの接客の基本!お客様にまた来たいと思ってもらう接客をするには
 

名前や好みを把握する

何回も利用してくれるお客様は今後も大切にしたい存在と言えます。そのようなリピーターの方には親しみを込めた接客をすることが望ましいでしょう。
「◯◯さん」と名前で呼んだり、コーヒーの濃さや好きなメニューなどを把握しておくとお客様はとても喜ばれます。
そのようなちょっとした気遣いやお声掛け一つで、「また来たい」という気持ちになるきっかけとなるのです。

 

一歩先を行くサービス

オシャレカフェで行うサービスは店によって様々なことを行なっていると思います。誕生日のお客様にはサプライズでバースデープレートを添えたり、お得なクーポンを配布しているカフェも多いと思います。
そんな店側のサービスに加えて、店員一人ひとりの「個のサービス」があるとより好感がもたれるオシャレカフェへとなるでしょう。
階段を登る必要があるオシャレカフェに来店された子連れのママが、ベビーカーを持ち上げて運ぼうとしているのをいち早く察知してお手伝いをしたり、子どもに食べさせる料理にブラックペッパーが入っていたら、味付けを薄くするかどうかを提案すると、その心配りにお客様は喜んでいただけるでしょう。
またハンバーガーのような手の汚れる食べ物を提供する時には、お手拭きを多めに渡すなど、ちょっとしたことが顧客満足度を高めることとなります。
 

店の雰囲気を良くする

料理の味や盛り付けのクオリティが高くても、店員同士の関係性が良くない印象を受けるとお客様にとっては非常に居心地が悪くなってしまいます。過度な私語や馴れ合いはまた逆効果ですが、店員同士のチームワークや関係性が良い店は、店全体の雰囲気も明るく活気があります。
それはお客様が快適に過ごしてもらうことにもつながるため、大切にしなくてはいけないことと言えるでしょう。
それ以外にも店内やトイレの衛生面、食器やグラスのキレイさにも配慮しておくことが必要です。
 
 

4、まとめ

オシャレカフェの接客の基本!お客様にまた来たいと思ってもらう接客をするには
 
オシャレカフェは見た目だけを重要視するようなイメージですが、リラックスしてカフェでのひと時を過ごしてもらうためには店員の接客スキルやマナーは必須と言えるでしょう。
ですが難しく考える必要はなく、「人としてどのようなことをされたらうれしいか?」「接客業で大切にしなくてはいけないことは何か?」という部分を考えて対応すれば、きっとその気持ちは質の高い接客として活かされます。
笑顔で明るい、サービス精神のあるオシャレカフェ店員を目指しましょう!